お正月にお供えした鏡もちを、いただきます。

コトコト煮込んだ小豆のお汁粉や、お雑煮にしたり、揚げ餅作ったりと食べ方はいろいろ!

歳神様にお供えしたお餅には、歳神様のお力が宿ってると言われてます。

なので、切る時には刃物を使わないという言い伝えなのです。

お正月モードから頭も体も切り替わってきた頃の鏡開き、無病息災を願いながら、新年の目標にむかってパワーを蓄えます

IMG_7720

コトコト煮込んだお汁粉は、おいしいのはわかってるけど・・『煮込む時間もない、でも食べたい!』

と思うことが多くなったのは歳のせいかな?

そんな時は、レトルトパックや缶のお汁粉を重宝してます

〜〜〜〜 祐のお汁粉手作りワンポイント 〜〜〜

魔法瓶や保温性の水筒に、小豆をいれて沸騰させたお湯を注ぐ。

1晩寝かせてから煮込むと、コトコト煮込む時間が短縮できます。

そういえば、子供の頃ストーブの上にお鍋かけてたのって、まさにおばあちゃんの知恵ですね!