今夜は野菜スープ ♡

使いかけの人参やキャベツ、玉ねぎ、じゃがいも入れて、じっくり煮込みました。

家族の中で、風邪かな?という発熱した子供がでると、食事の支度に手間がかかってしまう・・って思うことありませんか?元気な子は、たらふく食べたいし、でも体調崩した子には消化の良いものや、その子の食べたいものを作ってあげたいのが、親心ではないでしょうか?

でも、品数を多く作る余裕がない時ってありますよね?

YUUのお台所では、刻んだ野菜を鍋に入れ、野菜がかぶるくらいの水を入れ、そこにお塩と昆布を入れて弱火でコトコト煮込みます。お野菜が煮えた所で、お水を足してまた煮込む!再度、沸騰したらウインナーやベーコンを入れて味を調えます。

この作り方だと、お野菜からの栄養と甘みがたっぷりでてきます。時間もそんなにかからずに!

沸騰したら、スープだけをよそって体調崩した子用のご飯に!

元気で食欲旺盛な子どもには、ポトフ風のスープに!また、このスープをクリームシチューにしても大喜びです。

発熱の時の食事って!?

まずは、食べるより寝るってなるのは、大人も子どもも同じ。

水分は取りながらでも、熱の出始めた時って、とにかく寝ますよね?そんな時は無理に起こさず、寝かせてます。

起きてきて、『何か食べる?』『食べる』と返事がきたら少しずつ食べていくのが、回復時期。

食べることより、寝る!のは、体内酵素が、代謝酵素となって思う存分、病気の菌と戦ってるからなんです。

ここで、無理に食べるとまたダウンしがちになりやすいのは、消化に酵素が使われてしまうからなのです。

食べれるかな?っていう時は、やはり消化に負担のかからないものを、選んでみてくださいね!

子どもが小さい頃、熱をだすとよく食べさせたのが、りんごのすりおろし。

だんだんと回復するにつれ、あれが食べたい!とリクエストされた時には、ようやくホッとする時ですよね♫

お母さんの愛情プラス1の、発熱時あま〜いスムージーレシピはこちらに