暑さ、寒さも彼岸まで。

と言われてるように、この数日で夜風はすっかり秋の風になり外では虫たちの演奏会が行われてます。

チンチロチンチロチンチロリン♫網戸にして、虫の声聞きながら心地よく眠りに入れる季節がきました♫

e71616595d9e5aa3120622b74a058fb6_s

さて今年の中秋の名月は、9月15日です。

この日は満月のお月様ではなくて、二日後の17日が満月になります。

1年の中で、最も月がキレイに見られることから、日本では平安時代の貴族たちが、月を眺めながら宴を楽しんでいたとも言われてます。それも月を直接眺めるのではなく船に乗って水面に映る月を楽しんでいたとも言われてます。

後の江戸時代後半の頃から、収穫に感謝してお供えをしての『お月見』になっていったそうです。

月見団子が丸いのは、お月さまの形表し、秋の豊作・収穫のお祝いと、物事が上手くいく、健康と幸せがみちるようにという意味も含まれてます。

15夜にちなんで15個のお団子をお供えし、すすきは切り口の鋭さから魔除けの意味でお供えします。

十五夜お月さんの『うさぎさん』に逸話があるのはご存知ですか?

うさぎの清らかな魂を誰しも見ることができるようにと、月の中に映し出したの帝釈天という仏教の守護神さまなのです。また、お餅つきにみたててるのは、お米の収穫の時期を楽しんでるようにも見えますよね?

季節の節目ごとの行事には、健康であること、食のこと、幸せを願う昔からの風習は日本の伝統として子供達、孫たちへと受け継いでいきたいものです。

気になる明後日の天気予報は、曇り時々雨・・・(; ̄ェ ̄)予報が外れますように!