茨城のお友達から『たけのこが一気に出てきたから、早く掘りにおいで〜!』

今年は出始めるのが遅かったよ!と言ってました・・・。タイミングが合わずにタケノコ堀は行かれなかったのですが

やっと近くのお店でもお手頃価格の、たけのこが並びだしました。

たけのこのあく抜き

この一手間が、たけのこを美味しく食べるコツ!

あく抜きの手順

1。たけのこを洗い、穂先を斜めに切り落とす。底の部分は1センチ〜2センチ切り落とす。

赤い根の後は薄くとる。

2。皮を2枚から3枚剥く。(火の通りを良くするため)

3。大きな鍋に、たけのことお米のとぎ汁、米ぬかを入れてざっくり混ぜて煮る。

4。たけのこが大きかったり、本数が多いときは皮をむいて2〜4つに割って茹でても大丈夫!

5。沸騰すると、一気に溢れてくるので煮立ったらとろ火にする。

6。1時間ほど茹でて竹串が通ったら、火を止め一晩寝かせる。

7。鍋から取り出し、皮をむいて水で洗う。皮をむいてから茹でた場合も洗う。

8。水につけて冷蔵庫で保管。毎日水を替えれば日持ちしますが、多少風味は無くなります。

たけのこの土佐煮やたけのこご飯、豚肉と炒めて塩、胡椒で味付けなどなど・・

お味噌汁に入れてもおいしいです!

まさに、今が旬のタケノコ、ひと手間かけておいしく食べれるって幸せなこと♡

子供の頃、タケノコの皮むきを手伝わされ、剥けば剥くほど小さくなっていくのがいいんだか悪いんだか?と恐る恐るむいたような気がします。