宮沢賢治さんの代表作と言われてる詩。

梅雨本番になるとこの詩が頭に浮かぶことが多くなりました。

中学生の頃の授業で覚えたのか?今になってこの詩の深さがわかるような気がします。

この詩覚えてますか?

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫なからだをもち

慾はなく 決して怒らず いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ  あらゆることを自分の勘定にいれずに

よく見聞きし分かりそして忘れず

野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供があれば行って看病してやり 西に疲れた母あれば行ってその稲の束を背負い

南に死にそうな人あれば行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があればつまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず 苦にもされず そういうものにわたしはなりたい

雨にも負けない体作り

世界中が注目!日本の伝統的な暮らし!

玄米に味噌、少しの野菜。

日本の、「旬を頂く和食」と「歩くというシンプルな運動」が、健やかな暮らしを作ることが、今世界中から注目を集めています。

現代社会は、食べ物も溢れて、季節問わずにいろいろな野菜が食べれますが、

この季節の変わり目の時こそ、旬の食材を使った食事を心がけるだけで体の免疫力がグンとアップします。

発酵食品の王様お味噌と旬の野菜で作ったお味噌汁と、

お米の栄養を丸ごと頂く玄米の組合せは、私たち日本人のソウルフードですが・・・

玄米食に切り替えるのは、毎日となると本当に大変です。

玄米食の栄養をサプリメントで!

そこで、祐・酵素からのご提案です。

主食を白米やパンのいつものままで、玄米の栄養をしっかり補う。

 

いつもの食事にプラス1の酵素で、『雨にも風にも負けない体作り』試してみませんか?

お薬ではないので、速効性はありませんが、飲み始めてから1ヶ月経つ頃に、『あれ?そういえば・・』と

  • ◎ 疲れ方が違うな。
  • ◎ 朝のおしっこのニオイが感じなくなった。
  • ◎ お腹周りがすっきりしてきた。

などなど、お客様それぞれに実感していただけております。

ぜひみなさまにも、梅雨が明ける頃に、『あれ?そういえば・・・』の変化が感じて頂けたら嬉しいです。

祐・酵素は、ホームページとブログを通してみなさまのお役に立てるようお手伝いしております。