お盆が明けてから暑さが戻りだした途端に、

O-157感染ニュースが毎日流れてます。

今まではO-157感染は、生肉を扱う焼肉屋さんでの感染を聞くことの方が多かったのですが、

今回の感染ニュースで驚いたのは、スーパーのお惣菜やさんのポテトサラダからの感染とのこと。

感染を防ぐためには!手洗いうがいはもちろんですが、

免疫力・抵抗力をあげておく!!

食事・睡眠・運動 この3つのバランスで免疫力・抵抗力はアップされるのは、わかってはいるものの

この暑さの戻りで、食欲は低下するし、寝苦しい暑さの夜で快適な睡眠はなかなかとれないのも困ってしまいます

ましてこの暑さで、運動なんて勘弁して〜って感じですよね?

そう、こうなると私たちの体は自然と抵抗力も免疫力も低下してしまうものです。

弱ったところに菌が入って来れば、菌と戦うことさえもままならなくなってしまいます。

どのような心がけをしておけばいいの?

食事・・できるだけ体を冷やさないものを食べるようにする。

そこでオススメなのが、日本人のソウルフードのお味噌汁!

発酵食品の王様と言われてるお味噌で腸内環境を整える。

また、納豆に含まれる納豆菌も食中毒の予防に効果ありと言われてます。

旬の果物には、果物が持つ酵素もたっぷり含まれているので、オヤツ代わりに食べるのもおすすめです。

今、旬を迎えてるぶどうや梨は、利尿作用もあるので解毒効果にもなります。

睡眠・・適度な温度でエアコンはつけておく。

それでも寝苦しさを感じたら、アイスノンや冷えピタを上手に使って快適な睡眠をとれるようにしてみてください

また、日中でもエアコンに当たっていることが多いため、以外と体の中は冷えてます。

体の冷えも免疫力・抵抗力低下の原因になってしまうので、シャワーで済ませるのではなくお風呂につかって体を温めてみてくださいね。

運動・・汗をダラダラ流すだけが運動ではありません。

電車の中で、爪先立ちをしてみたり、駅の階段を上り下りするのも運動になります。

また、椅子に座ったまま、足の指でタオルをつかんだり、足指じゃんけんも運動になります。

最後にストレスをためないこと!

私たちの体の中でいつも外敵が入ってきたときに、すぐに戦ってくれるのが『NK細胞』(ナチュラルキラー細胞)

このNK細胞は、ストレスに弱い細胞と言われてます。

いつもニコニコしているだけで、NK細胞の働きも活性化されるという実験結果も出ています。

この時期の免疫力アップには

シンプルな食事と、心地よい睡眠。心地よい眠りのためのご自身にあった適度な運動、

腸内環境を整えておくための規則正しい排便(ここ大事!!)

プラスαに、笑う。

作り笑いでも OK!ニィっ(^o^)/と口元緩ませてみてくださいね

免疫力チェックシートはこちらのブログに記載してます。試してみて頂けたら嬉しいです。