年々、年賀はがきが減ってきているとはいえポストを見るのも楽しみで手元に届いた年賀は、

その人の温もりまでもが伝わってくるようで、嬉しい気分になります。

いつまで52円?

はがきの料金が62円に値上げになっているのにもかかわらず

年賀はがきは、52円。それもお年玉くじつき!さすが、日本郵便!!

今年のお年玉くじ抽選日は1月14日。夕方16時以降には、日本郵便のホームページに発表されるそうです。

しかし、以外と知られていないのが

1月8日の投函からは、10円切手を貼ってお出し下さいの文面が、抽選番号の上に書かれてるんです。

10円不足だと、せっかく書いた年賀はがきも相手に届かなくなってしまうことも??

また、私製はがきで作った年賀状も7日までは、赤字で年賀と書いて投函すれば52円でOK

これも8日からはプラス10円が必要になるんですって。

参考にした詳細は、日本郵便ホームページのこちらに書かれてます。

http://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/nenga2018/

誤配?違う人の年賀はがきが届いてた時は?

最寄りの郵便局へ連絡すれば配達員さんが取りに来てくれるそうです。

もしくは、『誤配』とメモを書いて、はがきにつけてポストに投函してもOKとのこと。

違う人宛の郵便物が届いた時って、たとえ隣の人の郵便物であっても手渡しするのも気がひけることでもありますよね?

誤配なんてありえない!って思ってしまいがちですが、手作業で分けてるハガキや手紙。

間違うことだってあるのかもしれませんね。

〜Yuuの日常生活ブログでした〜