お正月最後の日に七草粥を食べて、1年の豊作と無病息災を願うと言われてますね。

日本の風習の一つ、新年に雪の間から芽を出した若菜摘みと、中国の節句のひとつ、『人日』

と言われ『7日は人を大切にする』という言い伝えがあるそうです。

また、7種の野菜を入れた汁物をいただくという風習が重なり、

1月7日の七草粥を食べるという風習に変わった日本の文化食なのです。

春の七草が持つ効果とは?

  • せり・・・  胃を丈夫にする効果 (整腸作用、利尿作用)
  • なずな・・・ 利尿作用や解毒作用、胃腸障害やむくみをとる効果(解毒・利尿作用)
  • ごぎょう・・ 痰や咳を和らげる効果
  • はこべら・・ 腹痛の薬として使われており、胃炎を抑える働き
  • ほとけのざ・・食欲増進効果。また歯の痛みを抑える効果も
  • すずな(かぶ)・・胃腸を整え、消化を助ける働き。
  • すずしろ(大根)・・消化を助ける。風邪予防。

新年を祝うお正月のお料理にお酒を頂き、疲れた胃腸を整える効果がたっぷり取れる七草。

お正月が終わり疲れた胃腸をリセットして、心新たに1年お仕事に励む丈夫な体を作ることが、

豊作にもつながるってことですね。  

今のように、手軽にお薬が手に入ることができない時代に、お野菜の持つ効果で、体を整える知恵ってすごいです!!

土鍋で炊く七草粥の作り方。

お米 1カップ  お水 4カップ(七分粥)

七草・・(水で洗い、サッと湯通しして細かく刻む)(大根、かぶの実は薄く切っておく)

1・土鍋に分量のお水と洗ったお米を入れて30分くらい浸しておく。

(この時、昆布を入れておけば昆布のお出汁がでるのでこれもおいしいお粥になります)

2・薄く切った大根、かぶの実を土鍋に入れ、強火にかける

3・蒸気が出たら、弱火(とろ火)にして30分。

4・火を止め、お塩と七草を入れて10分蒸らしてできあがり。

ご飯から作る七草粥

ご飯・・お茶碗2杯(ザルに入れ、軽く水で洗う) お水 5カップ お塩 小さじ1

春の七草(土鍋で炊く時と同様に下ごしらえをしておく)

1・お鍋にお水を入れて、沸騰させる。

2・沸騰したら、中火にしてご飯を入れてかき混ぜる

3・クツクツ煮えてきたら、弱火にして煮込む。

4・お粥の状態になったら、下ごしらえした七草とお塩を入れて火を止める。

お好みで、卵を溶いて入れたり、鮭を入れたりすればお子様も食べやすい七草粥になりますよ。

もっともっと簡単にできないの?

市販のお粥を使ってもできちゃいます。(コンビニでもレトルトのお粥が置かれてます)

また、七草の代わりに、刻んだ万能ネギを入れて七草気分もいいかも♫

*お粥もよく噛んで食べてくださいね。噛むことで消化しやすくなり少しの量でお腹の持ちがよくなりますよ。